UiPath検証

RPAツール「UiPath」の使い方:Recording機能の覚書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*RPAツールの「UiPath」を検証し、使い方や開発方法などのチョットしたコツを発信する。
尚、本ページ内容は適宜改訂されるものである。

レコーダーは 4種類あり。
・Basic : Windowsアプリ用(複数ウィンドウ)
・Desktop:Windowsアプリ用(単一ウィンドウ)
・Web:Webブラウザ用
・Citrix:仮想マシン用

レコーディング方法は 自動と手動の2種類。
自動で記録できるものは下記。
・Left Clicks
  ボタン、チェックボックス、ドロップダウンなどを左クリック
・Text Typing
  入力可能フィールドにテキスト入力

手動では(自動で記録できない)下記を記録可能。
・Keyboard Shortcut
・Modifier Keys
  Ctrl や Alt キーなど
・Right Clicks
・Mouse Hover
・Getting text
・Find Elements & images
・Copy to Clipboard

レコーディングの操作キー
・Esc :一時停止
・F2 :3秒間一時停止
・Esc → Save&Exit :停止して保存
・<自動操作>→Esc→<手動操作>→Record → <自動操作> :自動操作中に手動操作を挿入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加