サイネージコンテンツ運用 with RPA

煩雑なサイネージコンテンツ運用業務に対して、RPA導入で人的負荷と人的ミスの削減を具現化させます。

サイネージコンテンツ運用の特性

サイネージのコンテンツ運用では、各サイネージ機器にコンテンツを配信します。このコンテンツ配信は、少数のサイネージ機器であれば 人的対応も容易ですが、ある程度台数が増えてくると コンテンツの配信パターンも増加する傾向にあります。
当社の実績より、10パターンを超えてくると、人的対応は難しくなる様に思います。

RPA(Robotic Process Automation)とは?

RPAとは、近年話題になっているパソコン操作を自動化するテクノロジーになります。自動で業務をこなしてくれる為、デジタルレイバーなどと呼ばれます。
RPAは、一定のルールを定義して、動作させます。ソフトウェアプログラムで動作させる為、基本的にミスを起こしません。また、24時間365日働かせることが可能になります。

サイネージコンテンツ運用へのRPA導入効果

RPA導入効果は、大きく3つあり、これらはひいてはコスト削減にも寄与します。
1)人的負荷削減
2)人的ミス削減
3)業務スピードアップ

サイネージコンテンツ運用へのRPA導入アプローチ

RPA導入の基本アプローチとして、はじめに 3ヶ月~半年程度 コンテンツ運用業務の現状把握を実施し、その後 RPA化範囲を決定します。その後、RPAシナリオを実装し RPAを用いた運用を数ヶ月程度 実施し、RPAシナリオの改善を図ります。

サイネージコンテンツ運用へのRPA導入事例

事例1:大手化粧品のマーケティング部門

コンテンツ運用の現状把握、RPA化範囲決定、RPAシナリオ実装、RPA運用、RPAシナリオ改善までの全体導入作業を担当。

事例2:大手アパレルのマーケティング部門

コンテンツ運用の現状把握、RPA化範囲決定、RPAシナリオ実装方針策定までの作業を担当。

本サービスの詳しい内容・ご質問等、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ