コラム

新規事業コラム:儲けられるマーケットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エフィジェント 赤秀です。

このテーマは ほんとよく聞かれますし、大事だと思います。
2つの観点から考えます。

まずはじめに、「儲かる」の観点。

これは、(需要に対して供給が追いついていない)成長マーケットになります。
今後の有望マーケット(業界)は、高齢化社会に伴い「医療・介護」とか、まだまだ伸びしろがありそうな「IT」とか、自動運転によるパラダイムシフトを迎える「自動車」とか でしょうか。

また、「中国人爆買」や「仮想通貨」といった社会的流行、「ライドシェア」や「民泊」それから「遠隔診療」等といった規制緩和系は、マーケットに大きな影響を及ぼす急な変化で、需給バランスが大きく崩れ、荒稼ぎできる可能性のあるマーケットになります。
但し、参入者も多く、一定期間経過で 需給バランスも均衡してくるので、あくまでも期間限定。

 

次に「儲けられる」の観点。

儲かりそうなマーケットはわかったが、そこで自社が戦えるかどうか。
そのマーケット内で、自社が競争優位性を築けるかがポイントになります。
もちろん、中小企業やベンチャーだと、マーケット全体に対し競争優位性を築き マーケットリーダーになるのは難しい。中小ベンチャーは、そのマーケット内のどこか端くれでもいいから、自社が選ばれるポジションを築けるかがポイントになる。

 

まとめると、

下記2点を満たす事が必要になります。
・成長マーケットであること
・競争優位性の築けるマーケットポジションがあること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITベンチャー立ち上げ 簡易サポート

新規事業専門コンサルによるプロフェッショナルサービス。
効率的リモート支援で、リーズナブル価格を実現!

詳しく見る